賃貸集合住宅・・・意外にたくさんメリットあります!

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

工事も確認しておく

分譲マンションであれば、リフォームをすることができます。
これは所有権を取得しているからです。
所有権とは、物に対する絶対的な権利であり、所有している人が、自由に物に対する変更などができます。
このため、リフォームなども可能となっています。
ならば、賃貸の集合住宅では、どうなのでしょうか?
結論からいえば、リフォームが可能です。
意外なように思うかもしれませんが、法律上、問題はありません。
しかし、ある条件をクリアしてからです。
すなわち、オーナーの許可を得てからです。
オーナーは、先で触れた該当物件に対する所有者です。
オーナーであれば、自由に物に対する変更が可能です。
したがって、オーナーが、絶対的な権利を有しているため、借りている人が作り変えた胃のあれば、その旨の許可が必要になるということです。
しかし、分譲のリフォームでも、専有と共有の区別を認識しておくべきが重要であるように、賃貸においてもそれが望まれるようです。
金銭対価が及んでいる部分であり、居住している部屋であれば、問題はないでしょう。
しかし、ベランダは、基本的に共有空間であり、部屋に接しているとはいえ、リフォームができません。
あるいは、部屋の床などにある配管なども、基本的にリフォームの対象外です。
そのため、リフォームといっても、すべてが可能となるわけではありません。
ただし、賃貸物件の場合、建物全体がオーナーのものです。
このため、配管などを作り変えることが可能かもしれません。
けれども、そのために、他の住人へ迷惑を掛けてしまうことがあります。
集合住宅は、あくまで共同で同一敷地を利用している形です。
そのため、賃貸物件で、オーナーの許可が下りても、自ずと制限される可能性があります。
ただし、リフォームのような大規模工事でなく、小規模工事であれば、オーナーの許可を必要としません。
賃借人の方で、自由に行うことができます。
インターネット回線の引込工事などは、この例の一つとなっています。
あるいは、トイレにウォシュレットを付けるなども、小規模工事の一つです。
大規模工事との違いは、建物の形状を変えるか否かということです。
リフォームはまさに、この定義に当てはまることでしょう。
ちなみに、分譲マンションであれば、マンション管理を行うために、管理組合があります。
リフォームについて、管理組合規約で、規定されていることもあります。
禁止事項となっているケースもあるため、その場合、当然、リフォームすることができません。


Copyright (C)2017賃貸集合住宅・・・意外にたくさんメリットあります!.All rights reserved.