賃貸集合住宅・・・意外にたくさんメリットあります!

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

今はペットと暮らせる

時代が変われば、色々なところに影響します。
今の時代であれば、少子高齢化でしょう。
いずれは、日本の経済が今以上に衰退するのでは、という懸念もあります。
結局、人の力が経済にも重要であるということです。
こういうことは、賃貸にも影響を及ぼし、特に集合住宅でも、変わった面があります。
それは、ペットを飼えることができるようになったことでしょう。
かつては、ペットを飼えると言えば、古い物件であったり、あるいは、特別な許可が必要でした。
しかし、今では、ペット可案件が多く、なおかつ、新築の集合住宅でも、ペットを飼うことができます。
中には、ペットにあった施設が設けられたマンションなどがあります。
たとえば、犬専用の施設であったり、レンタル猫マンションなどがあります。
時代が変わったとは、こういうことを言うのでしょう。
もっとも、これも、少子高齢化と関係がないとは言えないようです。
今では、子供の代わりにペットを飼う夫婦も多くなったようで、高齢者の家庭でも、同様なようです。
さらには、独身者でも、ペットを飼い、晩婚化が進んでいる理由ともなっています。
けれども、ペットを飼うとは、それなりの責任が伴います。
特に賃貸の集合住宅であれば、近隣との関係が重要です。
たとえば、犬であれば、一日中鳴いているようであれば、騒音問題が発生します。
あるいは、知らない人を見てかみつけば、損害賠償責任が発生します。
さらには、ペットの匂いや糞尿などで、部屋を汚したり、暴れたりすることで、傷を付けたりすることもあります。
こういうことから、ペット可案件の賃貸集合住宅であっても、敷金が高めの傾向があります。
さらに、契約時に誓約を結ぶ場合もあります。
これは、飼える頭数であったり、あるいは、責任の所在を明確化したものです。
それを破るようであれば、強制退去となる可能性があります。
その点については、十分注意すべきでしょう。
なお、ペット可案件であっても、ペット審査があります。
これは、申請通りのペットであるか否かが見られます。
犬であれば、小型犬かどうか、犬種も申請通りか否かを確認されます。
あるいは、人とたいした時、どんな振る舞いをするかを試されます。
犬であれば、かみついたり、吠えたりしないかなどです。
仮にペット審査に通らないようであれば、入居できないケースもあります。
この点を十分承知しておくことも、重要であるかと思います。
いずれにせよ、今では、ペット可案件が増えているのが、賃貸の集合住宅の現状であるようです。


Copyright (C)2017賃貸集合住宅・・・意外にたくさんメリットあります!.All rights reserved.