賃貸集合住宅・・・意外にたくさんメリットあります!

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

契約時の重要点

日本が契約社会であることは、すでにお話しました。
元々キリスト教圏の考え方ですが、明治以降に日本に輸入され、独特の発展を遂げたと言えるでしょう。
日本の風習などが組み込まれることで、西欧型の契約とは、少々異なった面があります。
しかし、それでも、賃貸は契約でもあります。
種々の重要点があることも確かです。
保険と保証については、すでに述べていますが、その他にも、種々のものがあります。
たとえば、申込金があります。
これは、予約金のようなものであり、希望の物件が見つかった後、不動産会社に支払うようになります。
かつては、手付金が利用されていましたが、キャンセルしても返戻する必要がなく、賃借人に不公平感を与えることになるため、今では利用されていないようです。
しかも、手付金であれば、とにかく、気に入ったところがあれば、支払うことになっていましたが、申込金の場合、明らかな入居意思がない限り、支払う必要がありません。
なおかつ、キャンセルすれば、返戻されるようになっています。
ただし、物件によっては、必ずしも返すとは限らないようです。
その場合、きちんと理由を確認することが大切です。
また、申込金は、契約費用全体の一部となります。
さらに、その契約の内訳ですが、前家賃、敷金と礼金、仲介手数料などになります。
前家賃は、その通り、居住するための家賃であり、敷金は退去の場合の担保金のようなもので、必要ならば、修繕費に利用されます。
礼金は、慣習のようなお金であり、オーナーに対するお礼のお金です。
仲介手数料は、不動産会社に対するお金であり、通常、家賃の一ヶ月分となっています。
また、先の記事で触れている保険料であったり、必要であれば、保証金も発生します。
かなりのお金が掛かるため、その点については、家賃次第というのが実情です。
さらに、契約時には、入居審査もあります。
これは、ローンの信用審査のようなもので、収入や資産を調べられます。
一般的には、一年間の家賃が年収の3分の1以内であることが、望ましいようです。
仮にその条件に満たない場合でも、貯金などの資産があれば、問題ないようです。
この点については、注意が必要でしょう。
なお、連帯保証人に保証代行会社を利用するのであれば、審査があります。
入居審査と同じようなものですが、過去に家賃の滞納があるかないかが、大きな基準となっているとのことです。
滞納がなければ、一般的には、審査に問題はないようです。

住まいでも話題の賃貸の情報はこのサイトがお勧め



Copyright (C)2017賃貸集合住宅・・・意外にたくさんメリットあります!.All rights reserved.