賃貸集合住宅・・・意外にたくさんメリットあります!

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

保証と保険を確認

日本がすでに契約社会であることは、疑いを入れないことでしょう。
法律でも、規定されたことであり、近代以降、西欧の契約思想を受け入れ、それを独特の形で根付かせて来たことは、確かなことかと思います。
賃貸もまた、こういう契約の一種であり、実際の居住をする前に、契約を結ぶことになります。
種々の重要点がありますが、その中でも、保証と保険については、十分理解しておくべきでしょう。
まず、保証は、もしもの際にオーナーが必要としているものです。
賃貸では、連帯保証が通常であり、連帯保証人から見れば、契約者当人とともに、連帯債務を負うことになります。
このため、オーナーから家賃を求められれば、断わることができないようになっています。
しかし、契約者本人に、支払った分を請求することもできます。
これは、求償権と呼ばれるものであり、連帯保証人が、すべてマイナスな存在ではないことを示しているとも言えます。
通常、契約者本人が親族などに連帯保証人を選ぶようになっています。
これは、以前から行われていることのようです。
しかし、今の時代であれば、親族に連帯保証を頼めそうな人がいないこともあるようです。
少子高齢化の源が、核家族化の進行にもあるようですが、親族との関係が希薄になったのも、こういう核家族化が影響していることもあるようです。
このため、今では、保証代行会社を利用する人がいるようです。
その名の通り、保証を代行する会社であり、保証人を肩代わりするような役割があります。
しかし、無料で行うことはなく、保証金を支払うことになります。
賃貸の集合住宅の中には、保証代行会社を通さないと貸し出さないところもあります。
オーナーからすれば、もしもの際に、確実に家賃を取ることが可能であり、経営者の視点からすれば、当然かもしれません。
また、賃貸であれば、保険にも加入することになります。
通常、賃貸契約においては、更新があり、2年に一度になります。
契約が変更されることもあれば、そうでないこともあります。
不動産管理会社、あるいは、オーナーによって、スタンスが異なることもあります。
その際、保険も更新となります。
先でも触れているように、賃貸契約が2年であることが、一般的であり、保険も2年間有効となります。
部屋の規模にもよりますが、通常、数万円程度までの保険料となっています。
これは、火災保険となっていますが、火災のみでなく、所有物などによる怪我でも、補償金が支払われます。
損害保険の一種であり、数千万円程度まで、支払限度額が設定されているようです。


Copyright (C)2017賃貸集合住宅・・・意外にたくさんメリットあります!.All rights reserved.