賃貸集合住宅・・・意外にたくさんメリットあります!

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

賃貸ならマンションやアパート

集合住宅においても、種々の形態があります。
大きく見れば、アパートとマンションに別れます。
さらに、広義で見れば、二世帯住宅も、一種の集合住宅でしょう。
けれども、集合と名がついているように、ある程度の規模を指していると言えます。
二世帯では、集合に価しないとも言えます。
そのため、一般的には、集合住宅と言えば、アパートとマンションになり、どちらも、賃貸物件があります。
ならば、アパートとマンションの相違点とは、何でしょうか?
まず、アパートの場合、一般的には、二階屋までを指しています。
コーポなどと名が付いているところもありますが、概ね、二階建てであり、三階建てで、アパートと名が付くところは、あまりないと言えるでしょう。
さらに、木造建てであることも、アパートに多いかと思います。
鉄筋コンクリート造りなどは、マンションの代表的なものです。
これを鑑みれば、アパートよりも、さらに規模の大きなものが、マンションと言えます。
もちろん、一人暮らしでも、家族でも、アパートあるいはマンションで暮らしている人がいます。
そうは言っても、相対的にアパートの方が、家賃が安く、なおかつ、防犯設備も、十分とは言えないのが、実情でしょう。
中には、家賃収入を鑑み、自宅を改築したようなアパートもあります。
昔ながらの大家さんとして、管理も兼ねている所有者がいることも、特徴かもしれません。
また、マンションの場合、色々な種類があります。
たとえば、高層マンションというものがあります。
その名の通り、階層のあるマンションであり、数十階建てであることが通常のようです。
また、高層マンションの一環のようなタワー型マンションがあります。
これは、東京タワーのような形をしたもので、上層に行けば行くほど、部屋数が少なく、その分家賃も高めとなっています。
また、高層でもタワー型でも、屋上ヘリポートなどが備え付けられています。
まるでオフィスビルのような様相であるのが、最大の特徴でしょう。
また、デザイナーズマンションというものもあります。
これは、建築家のコンセプトを重視したものであり、生活空間よりは、空間の楽しさを表現したものです。
端的に言えば、建築家の美的観点などが盛り込まれたマンションと言えるでしょう。
いずれにせよ、アパートとマンションを比べれば、種類の豊富さなどは、マンションの方が多いといえます。
ただし、アパートには、マンションにはない木のぬくもりもあります。
それもまた、かつての日本の良さが表現されていると言えば、大袈裟になるでしょうか?


Copyright (C)2017賃貸集合住宅・・・意外にたくさんメリットあります!.All rights reserved.