賃貸集合住宅・・・意外にたくさんメリットあります!

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

暮らしのマナーについて

このサイトでは、賃貸の集合住宅に関する重要点をまとめてきました。
契約などにポイントとなることがあり、その点を十分認識することで、賃貸契約がスムーズに結べることができる可能性があります。
しかし、それ以外でも、賃貸の集合住宅では、重要なことがあります。
それが暮らしのマナーでしょう。
一つの敷地で、多数の世帯が住んでいるため、時にトラブルが発生します。
マナーを弁えていれば、問題なることは、少ないかもしれません。
しかし、それがなかなかできないために、トラブルとなるようです。
典型的なものでは、騒音になります。
夜中のステレオ、話し声、子供の足音などが、代表的です。
最近では、ペットにまつわる騒音もあり、犬猫の鳴き声などが問題となっています。
集合住宅であれば、たとえペットが飼える物件でも、すべての居住者がペットを好きな訳ではありません。
中には、苦手な人もいることでしょう。
そうなれば、一日中、鳴き声がすれば、辟易した気持ちとなることは、当然のことでしょう。
もちろん、これは、子供についても当てはまることです。
天井から、足音が響けば、すべての人が元気な子供だ、と思うことはないかと思います。
結局、マナーでしか、こういうトラブルがなくなることはないとも言えます。
また、所有物に関することでも、トラブルが発生します。
廊下に大きな荷物をおいていたり、ゴミなどをベランダに放置しておくことです。
これだと、悪臭などの問題も出てきます。
音も嫌になる人がいれば、匂いもその通りでしょう。
これもまた、最終的には、マナーで解決できることに思います。
では、トラブルが発生した場合は、どのようにすべきなのでしょうか?
賃貸の集合住宅であれば、まず先に不動産会社への連絡です。
大きなところであれば、苦情窓口もあります。
そうでなければ、営業担当が対応することになるでしょう。
けれども、一般的に不動産管理会社は、入居者とオーナーの仲介者となっています。
騒音に対するものとしては、全戸にチラシを配ったりなどになります。
積極的な介入などをしない傾向にあります。
また、消費者センターへの相談なども可能です。
あるいは、役所などにも、窓口あります。
専門家への相談が可能であり、それを利用する方法があります。
ただし、窓口に関しては、あくまでアドバイスをよこすところです。
完全解決を望めないため、最悪は裁判となります。
ただし、音に限っては、主観的なものであり、証明が難しいようです。
このため、遮音性の高いイヤーマフなどを使って、対処している人が多いようです。


Copyright (C)2017賃貸集合住宅・・・意外にたくさんメリットあります!.All rights reserved.